hikkoshi-toraburu-04-05

引越しにトラブルはつきものです。

たとえプロである専門の引越業者に作業を依頼したとしても、残念ながらトラブルが起きてしまうことがあります。

引っ越しの際のトラブルとして多いのは、荷物の紛失、 家電品の破損や故障、家具のキズや破損、新居の壁や床などに傷をつけてしまうといったものです。

引越業者に依頼をしてこうしたトラブルが起こった際には、泣き寝入りをせずに、すぐに業者に連絡をして対応をしてもらいましょう。

引越し業者のほとんどは万が一のために保険に加入していますので、トラブルがあったときには、それらの保険で補償してもらうことが可能です。

ただ、家具の破損や壁や床の傷などは、あとから主張しても引っ越しのときにできたものかどうかを証明するのが困難なので、荷物を運び出す前に業者のリーダーの方と一通り傷などの有無を確認しておくといいでしょう。

写真を撮っておくと、証拠としてはかなり有力です。

新居に荷物の搬入が終わったときにも業者のリーダーと一通り確認をし、引越し前にはなかった傷などがあれば、間違いなく補償をしてくれるでしょう。

荷物の紛失の場合は、同等品を弁済してくれるケースが多いようです。

こちらも、引っ越しのときに紛失したということを証明しなければなりませんので、段ボールに連番をつけて業者と数合わせをしておくといいでしょう。

家電が動かなくなってしまった場合も、基本的には弁償という形で補償されます。

ただしパソコンなどの場合、たとえ同じ商品を弁償してもらったとしての、中に入っているデータまでは補償してもらえませんので、引っ越しをするまえに、ハードディスクやクラウドなどにバックアップを取っておくようにすると安心です。

どうしてもパソコを壊されたり紛失されてしまうのが困るということであれば、自分で運搬するようにするのが一番安全です。

このように、引っ越しの際にトラブルが生じても多くの業者は保険を使って補償をしてくれることになりますが、個人経営の小さな業者などの場合は、保険に加入していない可能性もあります。

業者に壊されたり傷つけられたしまった荷物を自腹でなおすのもバカらしいので、契約をする前には保険に加入しているかどうかをよく確認するようにしましょう。

hikkoshi-karendar-04-04

日本は昔から六曜と呼ばれる方法で、その日の吉凶を占ってきました。

六曜というのは、よくカレンダーに書かれている「大安」や「友引」、「仏滅」、「赤口」などのことです。

 「大安」、「友引」、「先勝」などはお日柄の良い日とされており、逆に「仏滅」や「赤口」、「先負」などはあまりお日柄の良くない日だといわれています。

お日柄の良い日は結婚式などのおめでたい行事が行われますので、引越しもこういった日に行うのがよいとされているのだと思います。

最近の若い人は、こういったお日柄などは特に気にしていない人も多いですが、もし予約が取れるのであれば、お日柄のいい日に引越しの日に設定するといいと思います。

ただ、繁忙期などですとお日柄のいい日はなかなか予約が取りにくいかもしれません。

お日柄以外で引っ越しの日を決める方法として、道路が混んでいる5日とか10日とか20日を避けるというのも賢い方法です。

また、お盆や連休中、観光シーズンも道路が混雑して、トラックの移動に時間がかかってしまう可能性があります。

あまりにも混雑がひどいと、引っ越し作業が終わるのが深夜になってしまう可能性もありますし、場合によっては引越し業者に延長の追加料金を請求されてしまうかもしれません。

そういった意味では、引っ越しは道路が空いている日を選ぶのがコツと言えるでしょう。

あと料金の安さで引っ越しの日を決めるならば、土日祝日よりは絶対に平日です。

土日祝日は引越しをする人が多いので、必然的に業者は忙しくなり料金も高めになります。

もし、仕事や学校の都合がつくならば、平日に引越しをするほうがかなり安上がりとなるでしょう。

さらに安くするならば、月末をさけて引越しの日を設定すべきです。

なぜならば、多くの人が賃貸住宅の契約の関係で月末に引越しをすることが多いからです。

月始めの平日などに引越し日を設定すると、びっくりするくらい安い費用で引っ越しができるかもしれません。

hikkoshi-torakunonaka-04-03

引っ越しが決まったら、まず業者選びをしなければなりませんね。

引越しを無事終えることが出来るかどうかは、業者選びにかかっているといっても過言ではありません。

ここでは、失敗しない引越し業者の選び方について考えてみたいと思います。

引越し業者はテレビCMなどで有名な大手から、その地域で有名な中堅業者、そして個人経営の小さな業者まで非常に多くの会社が存在します。

業者によって料金やサービスもさまざまですから、自分に合ったところを探すためには、引越しをする際に何に重点を置くのかという点をしっかり見極める必要があります。

たとえば、料金が安ければいいのか、それとも少しぐらい高くても業者にすべてをお任せしたいのか、あるいは安心して任せられるところがいいのかなど、よく事前に考える必要があります。

自分が何に重点を置いているのかが分かれば、引越し業者はある程度絞れます。

安心感を優先したい、またはすべてお任せしたいと考えているのなら大手の引越し専門業者がいいでしょう。

料金は多少高めとなる傾向にありますが、さまざまなオプションを含めて非常にサービスが充実しています。

また、スタッフの教育が行きとどいていたり、万が一の際の補償が充実しているといった点も大手引越し業者のメリットです。

それとは逆に、とにかく安く引越しをしたいと考えているのなら、地元の中堅業者を選ぶといいかもしれません。

大手のようにテレビCMなどの経費をかけていない分、料金が安くなる傾向があります。

しかし、しっかりと実績などを見極めないと、業者によっては評価の悪いところもあるようなので、注意が必要です。

一番リーズナブルなのは軽貨物運送業者です。俗に「赤帽」などと呼ばれています。

しかし、安いとはいってもあくまで軽トラックでの運搬になりますので、基本的には単身の引越しにしか対応できません。

また、荷物の梱包は自分で行う必要がありますし、作業も運転手さん1人なので、搬出や搬入を手伝う必要があります。

このように、引越し業者を選ぶ際には、自分がどこに重点を置くのかという点を考えながら選ぶようにするといいでしょう。

hikkoshi-moguri-04-02

引越し業者といってもピンからキリまであり、どのような業者に依頼をすればいいのか分からない人もいることでしょう。

引越し業者を見極める1つの基準として、国土交通省の認可があるかどうかを確認します。

引越し業者というは認可業務になっていますので、本来であれば行政の許認可がなければ、営業をすることができません。

トラックと荷物を運ぶスタッフをそろえれば、誰でも引越し業者としての仕事をすることができるわけではありません。

しかし、実際には許認可を受けずに引越し業務を行っている、いわゆるモグリの業者が存在することも事実です。

うっかり違法なモグリ業者に依頼をしてしまうと、トラブルが発生したときに補償が受けられないなどの面倒なことが起こってしまう可能性もあります。

なぜなら、国土交通省の認可を受けていないモグリの引越し業者は、荷物を運ぶ時の保険である貨物保険に加入することができないからです。

万が一の事故や、荷物の紛失などが起きてしまったとしても、業者に自腹で弁償をしてもらうか、泣き寝入りをするしかなくなってしまうのです。

他の業者にくらべて料金が安いからといって、うっかりとそういったモグリの業者にしごとを発注してしまわないように注意をしなければなりません。

しかし、いったいどうやったら正式な業者とモグリの業者を見分けるのでしょうか?

実は、簡単に見分ける方法があるのです。

それは、業者が所有するトラックのナンバープレートを見ることです。

国土交通省の認可を受けている正規の運送業者であれば、トラックのナンバープレートはになります(軽自動車の場合は黒)。

もしトラックのナンバーは白だったら、それはモグリの業者ということになります。

モグリの業者のことを「白ナンバー」などと呼ぶのは、そういった理由があるからです。

ただし、1つだけ例外のケースがあります。

それは、繁忙期にトラックが足りなくなったときです。

正規の業者であっても、自社で所有するトラックの台数は限られていますので、繁忙期にはどうしても不足することになります。

そういった場合に、外部から手配した白いナンバープレートのトラックを使うことがあります。

この場合は所有している許可証を提示してもらうことで、正規かモグリかを判別をすることが出来ますので、ナンバープレートが白だった場合には、さりげなく聞いてみるといいでしょう。

hikkosi-jyosei

サラリーマンをしていると、転勤などで突然に引越が決まってしまうなどということがよくあるものです。

好むと好まざるとにかかわらず、これは会社の命令ですから従うしかありません。

突然の転勤ともなればあまり準備期間もありませんから、効率よく引越をするための準備をする必要があります。

引越の準備の中で最も手間と時間がかかるのは荷物の整理や梱包作業ですね。

押し入れや納戸、クローゼットの中には、長年の生活で買いそろえたたくさんの荷物が入っていることでしょう。

押し入れなど荷物が多い場所の整理は、休日などの時間がある時に一気にやってしまうのがコツです。

そして、不要なものは思い切って処分してしまうのも荷物を効率よく整理するコツです。

まだ使うかもと思って、手元に残しておきたくなる気持ちも分かりますが、長年押入れの中にしまいっぱなしになっていた荷物も、今後もまず使うことはないと思います。

そうした物はきっぱりと捨ててしまいましょう。

荷物の整理や梱包と並行して行いたいのが引越の手続きです。

現在住んでいるところが賃貸契約をしているのであれば、不動産屋、もしくはオーナーに退居する旨を早めに連絡しておくようにしましょう。

急な引っ越しの場合は仕方がありませんが、そうでない場合は最低でも引越をする一月以上前には伝えておきたいものです。

また、役所などへ行って転出届けを出すことも忘れてはいけません。

引越業者を利用する予定であれば、早めに見積もりを取得しておきましょう。

基本的には相見積もりを取っていくことが、引越し費用を安く済ませるポイントです。

複数の業者に見積もりを頼むことで、価格やサービス内容などを比較、検討していくことが出来ますので結果的に安く契約できることが多いです。

面倒くさがらずに必ず複数の業者から相見積もりを取るようにしましょう。

どうしても複数の引っ越し業者に見積もりを頼むのは面倒だと言うような方は、インターネットから複数の引越業者に一括で見積もりを申し込むことの出来るサービスを利用することをお勧めしておきます。

ネットから簡単に複数の業者から見積もりをとることができますので、業者を探す手間や、電話をかけたりする手間が大幅に省けます。