1人暮らしをする人が知っておくべき引越しの準備

hikkoshi-tanshin-04-07

突然の転勤を言い渡されたりして、単身赴任として1人暮らしを始めなければならない人もいるでしょう。

1人暮らしとはいえ、引っ越しをするとなるとそれなりの準備や段取りが必要になります。

具体的に、どういった準備を進めていったらいいのかについてまとめてみたいと思います。

現在家族と住んでいて、自分だけが単身赴任で引っ越しをする場合には、現在の住まいに関しては特に何も手続きをする必要はありません。

しかし、現在も1人暮らしということであれば、引越しが決まったらすぐに現在住んでいる賃貸物件を管理している不動産屋さんに連絡をしなければなりません。

最低でも1か月前までには申告が必要です。

のんびりしていると月をまたいでしまって、1か月分余分に家賃を支払うことになりかねませんので、引っ越しが決まったらすぐに連絡をするようにしましょう。

不動産屋さんへの連絡と同時に、引越し業者の手配もなるべく早めにしておくようにしましょう。

春先などの繁忙期だと、直前の予約は困難になりますので、引越し業者は1日でも早く決めた方がいいでしょう。

また、1人暮らしの場合は荷物が少ないために、近距離であればトラックをレンタルして家族や友人に手伝ってもらって自力で引越しをすることも可能でしょう。

そういった場合でも、引っ越しを手伝ってもらう予定の人には、早めにお願いをするようにしましょう

また、大型家電や大きな家具などを運ぶ必要がある場合には、素人でやるというのは想像以上に大変です。

そういった荷物がある場合には、無理をせずに引越し業者に依頼をした方がいいでしょう。

 

また、最近の引越し業者は「単身パック」などの、1人暮らし向けのプランを用意していることも多いです。

そういったプランを活用することで、自力で引っ越しをするよりも費用的にも安くなる可能性があるので、まずは見積もりを取ってみるといいと思います。

不動産屋さんへの連絡や引越し業者への依頼がひと段落したら、少しずつ荷造りをしながら、役所への手続も並行して済ませるようにしましょう。

役所は、土日祝日には窓口が閉まっていますので、会社から休暇をもらってその日にすべてを済ませてしまうといいでしょう。

荷造りは、1人暮らしであればそれほど手間のかかるものではありませんので、当日までに終わるように合間をみて少しずつ進めていくといいでしょう。

単身赴任の場合には、1人暮らし用の家電品セットなどを一式買い揃えてしまって、家電屋さんから直接引越し先に配送してもらうようにした方が、手間がかからないかも知れません。

3~4年ごとに単身赴任の転勤を繰り返すような転勤族に人は、古い家電をリサイクルショップなどで処分して、転居先で新たに購入するということを繰り返している人も少なくないようです。