引越し見積もりの正しい取り方をマスターしましょう

hikkoshi-bijo-04-08

引っ越しの料金は、見積もりの取り方で大きく変わってきます。

時期にもよりますが、やり方によっては料金に2倍近い差が生じてしまうこともありますので、正しい見積もりの取り方をマスターしておかなければなりません。

一番まずい引越し見積もりの取り方は、たまたま知っている引越し業者などに1社だけ見積もりを出してもらい、即決をしてしまうことです。

引っ越しの料金というのは、その業者の規模や稼働状況などによって大きく変わってくるものです。

実際に、3社とか4社にまったく同じ条件で引越し見積もりを取ってみると、想像以上に金額の差が大きいことにビックリするでしょう。

もし1社しか見積もりを取らなかった場合、たまたまそこがあなたの条件での一番高い業者である可能性もあるわけです。

そういったことにならないためにも、引越し見積もりをとるときの一番重要な鉄則は必ず複数の業者に見積もりを取るということになります。

競争の原理が働けば、料金が安くなるのは経済の基本原則です。

また、引越し業者は料金だけではなく、提供しているサービスも業者によって異なります

1人暮らしの人向けの「単身パック」や高齢者向けの「シニアパック」、女性向けの「レディースパック」など、ニーズにあったさまざまなサービスが提供されています。

 自分のニーズにあった引越しサービスを行っている業者かどうかを見極めたうえで、見積もりを取ることも大切です。

仮に一番安い見積もりを出してくれた業者であっても、あなたが望むサービスを提供していない業者では意味がありません。

必ず、自分が望むサービスを提供している複数の業者の中から、同じ条件で見積もりを出してもらうということが大切になります。

また、見積もりをもらうときに注意をしなければならないことですが、提出金額のみで詳細が書かれていない見積もりを提示してきた業者とは契約をしてはいけません。

なぜなら、見積もりの内容がわかない以上引越し業者に追加料金の口実を与えてしまうからです。

依頼する方が当然含まれていると思っていたサービスでも、業者に「それは含まれていないから追加料金が発生します」といわれてしまえばそれまでです。

そういったことにならないためにも、引越し見積もりは必ず内訳を提出してもらうようにして、どこまでが見積もりに含まれていてどこからが追加になるのかを明確にしておかなければなりません。